【マンガ大賞2016】11位 とんかつDJアゲ太郎/小山ゆうじろう とんかつ屋とDJの異色コラボ

LINEで送る
Pocket

11位 とんかつDJアゲ太郎/小山ゆうじろう とんかつ屋と伝説のDJが出会ったら…

東京・渋谷、その片隅に一軒のとんかつ屋がある。その名も「しぶかつ」。三代目の揚太郎は、父・揚作のもと、なんとなく見習い修業を続ける毎日だった…。だがある日、とんかつを届けに訪れたクラブで、味わったことのない高揚感をおぼえる。そして伝説のDJとの出会いが、彼を本気にさせた。「とんかつもフロアもアゲられる男になりたい!」――これは、とんかつDJとして踏み出した少年の青春物語である。

審査員コメント

■ 「親父!!俺とんかつもフロアもアゲられるおとこになりてえんだ!!!」って格好良過ぎでしょ

■ 趣味と本業の二足の草鞋を履くスタイルに共感しました。

■ ” とんかつを揚げるのとフロアーをアゲるのは同じ ” という謎明言が決して出オチで終わることなく、意外イマド キ王道の少年マンガ。特に 3 巻は努力・友情・勝利を非常に高い完成度で読ませる一冊。

■ DJ ととんかつという奇矯な組み合わせながら、案外音楽マンガとしてもしっかりしてる……ような気が……しな いでもない……。DJ とかそういうの全然分からないので適当なこと書いてますが。

みんなの反応