【マンガ大賞2016】11位 とんかつDJアゲ太郎/小山ゆうじろう とんかつ屋とDJの異色コラボ

LINEで送る
Pocket

11位 とんかつDJアゲ太郎/小山ゆうじろう とんかつ屋と伝説のDJが出会ったら…

東京・渋谷、その片隅に一軒のとんかつ屋がある。その名も「しぶかつ」。三代目の揚太郎は、父・揚作のもと、なんとなく見習い修業を続ける毎日だった…。だがある日、とんかつを届けに訪れたクラブで、味わったことのない高揚感をおぼえる。そして伝説のDJとの出会いが、彼を本気にさせた。「とんかつもフロアもアゲられる男になりたい!」――これは、とんかつDJとして踏み出した少年の青春物語である。

審査員コメント

■ 「親父!!俺とんかつもフロアもアゲられるおとこになりてえんだ!!!」って格好良過ぎでしょ

■ 趣味と本業の二足の草鞋を履くスタイルに共感しました。

■ ” とんかつを揚げるのとフロアーをアゲるのは同じ ” という謎明言が決して出オチで終わることなく、意外イマド キ王道の少年マンガ。特に 3 巻は努力・友情・勝利を非常に高い完成度で読ませる一冊。

■ DJ ととんかつという奇矯な組み合わせながら、案外音楽マンガとしてもしっかりしてる……ような気が……しな いでもない……。DJ とかそういうの全然分からないので適当なこと書いてますが。

みんなの反応

【マンガ大賞2016】10位 岡崎に捧ぐ/山本さほ 懐かしい幼少期

LINEで送る
Pocket

10位 岡崎に捧ぐ/山本さほ 懐かしい幼少期を追体験

新しい世代の「女の子友情物語」、始まり!2014年にWEB上で公開され始められるや、各界著名人の称賛を浴びるなど瞬く間に話題を呼び、短期でページ1000万ビューを記録した人気漫画がついに単行本化!! 作者・山本さほさんが、実際の幼馴染み・岡崎さんとのちょっと特殊な友情を描いた“超プライベート”なふたりの歴史。 出会いは小学生時代の1990年代。スーパーファミコン、たまごっち、プレイステーション……懐かしいたくさんのゲームやおもちゃ、笑いと涙のエピソードが、私たちみんなが持つ普遍的な記憶を呼び起こします!

審査員コメント

■ なつかしいような新しいような。40 歳になった今でもデュクシ!は使います。岡崎さんしあわせになりますように。

■ 大人になってからわかる大人の事情が子供目線でノスタルジックに描かれていて、物悲しくもドキドキとした童心を思い出した。

■ 自分の世代がちょっと上なのが悔しいです。ゲーマーだった子供の頃が蘇る良作です。

■ あるあるネタにまぶして、意外や切ない友情ドラマ。さらっとした語り口ながら鋭く深い人間観察も。あぁ自分も中学の時はバカだったなーと読んでチクチク胸が痛みますが、現役中2の息子はゲラゲラ笑って読んでました。

みんなの反応

【マンガ大賞2016】9位 東京タラレバ娘/東村アキコ 行き遅れタラレバ女子

LINEで送る
Pocket

9位 東京タラレバ娘/東村アキコ 行き遅れアラサー女子の解体新書

「酔って転んで男に抱えて貰うのは25歳までだろ 30代は自分で立ち上がれ

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」
そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。
東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する話題作!!

※アラサー女子のみなさん 胸に刺さる内容がてんこ盛りなので、是非落ち着いて読んでくださいね・・・!

審査員コメント

■ 呪いの書としか思えません。

■ いたいいたいいたいえぐられながらも読まずにはいられない、大好物な作品です。アラサー独身に特に読んでほしい実際に自分の友達はこれを読んでこのままではいけない、と結婚を決めました笑仕事も恋も、前を向いて頑張るだけで進めた20代とは違う。リアルなもがきが読めます。共感の嵐です。

■ アラサー、アラフォー「女子」に、ぐさっと刺さります ( 笑 )

みんなの反応

【マンガ大賞】『手塚治虫文化賞』マンガ大賞は『よつばと!』『鼻紙写楽』の2作品が受賞!!

LINEで送る
Pocket

『手塚治虫文化賞』マンガ大賞は『よつばと!』『鼻紙写楽』の2作品が受賞!!

よつばと! コミック 1-13巻セット (電撃コミックス) 鼻紙写楽 (ビッグコミックススペシャル) <以下、要約>

『第20回手塚治虫文化賞』の受賞作品および受賞者が発表された。 マンガ大賞に選出されたのは、一ノ関圭の『鼻紙写楽』と、あずまきよひこの『よつばと!』の2作品。

副賞200万円は分けて贈られる。

【マンガ大賞2016】8位 町田くんの世界/安藤ゆき 容姿じゃなくて”イケメン”メガネ

LINEで送る
Pocket

8位 町田くんの世界/安藤ゆき とにかく優しい 容姿じゃなくて”イケメン”メガネ

物静かでメガネ。そんな外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用。なのに運動神経は見た目どおりの町田くん。得意なことが何もないと本人は思っていますが周りからは愛されています。その理由とは…? 別冊マーガレットの新感覚連載、必見の第1巻です!!

審査員コメント

■ 眼鏡をかけているから勉強が出来るわけじゃない。でもスポーツもできるわけじゃない。そしてイケメンでもない。
ただただ平凡な主人公町田くん。なんの取柄もない彼だけど、周りに良く気づき、優しくて、何に関しても一生懸命。
そんな姿に周りのみんなは彼を大好きで愛されている。この漫画を読むと優しい気持ちになれるし、幸せになれる。
そして町田くんに憧れる。男性でも是非手に取ってもらいたい作品。

■ 人のことが大好きで人のためにごく自然に動く町田くんが、悲しい目にあうことなく報われていくのが本当に嬉しい。小さい幸せがあちこちで弾けるようなこの美しい透明な世界が続きますように……。ヒーロー像が固定化されつつある少女マンガ界に、また新しいヒーローを降臨させた安藤さんはすごい!

■ 【人のことが好き】シンプルだけど、とってもいい「言葉」と「思い」です。私のまわりにも町田くんのような人が多くて…本当にみんなが幸せをもらっています。こういう「感じ」を、マンガで表現することって今までなかったのですごく新鮮で、でも懐かしいというか身近というか。読んでてほっこり幸せになります。町田くんに、癒されたい。続刊が楽しみでなりません。

みんなの反応