1365 user

【映画】【君の名は。】ネタバレ注意!引き込まれるような作画がとにかくすごい!文句なしに美しい!!物語も衝撃の事実が!?【新海誠監督の最新作】

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 アニメブログへ

スポンサードリンク


【君の名は。】新海誠監督の最新作は、引き込まれるような作画がとにかくすごい!文句なしに美しい!!

2016年8月26日公開予定の『君の名は。』は、新海誠監督のアニメーション映画作品。 『言の葉の庭』に続く、新海の3年ぶりとなる第7作目の監督作品である。 キャッチコピーは、『まだ会ったことのない君を、探している』。 『月刊コミックアライブ』2016年7月号より琴音らんまるによる漫画版が連載中。

美しい予告動画と公開前試写会での感想をまとめましたので、是非お楽しみください!

▼予告01

▼予告02

▼特報03

▼特報02

▼特報01

映画公開前!試写会鑑賞の感想まとめ

  • 美しい映像はもちろん、練られたストーリー&音楽と映像のリンク。今回もドはまりでした。
  • 素晴らしい映像とストーリー!
  • ストーリーが良く、キャラクターも魅力的でとても楽しく観れました!
  • 彗星の話など、予告で感じることよりかなり感動する作りになっていたと思います。
  • 感情をゆさぶられる、映画でした。
    瑞々しいタッチで描かれた世界観に、何度もハッとさせられた。
  • 想像よりずっと深い話に驚嘆し、泣いて笑ってまた泣いて・・・と自分の喜怒哀楽全ての感情が出る本当に素晴らしい作品でした。

⇒公式サイトはこちら

作品解説

「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」で知られ、新海監督とはCM作品でタッグを組んだこともある田中将賀がキャラクターデザインを担当し、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品に数多く携わってきた安藤雅司が作画監督を務める。1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。

スタッフ

監督:新海誠
原作:新海誠
脚本:新海誠
製作:市川南、川口典孝

キャスト(声の出演)

神木隆之介 立花瀧
上白石萌音 宮水三葉
長澤まさみ 奥寺ミキ
市原悦子 宮水一葉
成田凌 勅使河原克彦

おすすめ商品

スポンサードリンク


お得なAmazon Kindleセール

【最大20%還元】5万冊対象セール
【20%還元】カドカワ・ラノベセール
【無料!】「こち亀」など話題作多数!


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA